sB96P5366運命のドラフト会議の翌日、DeNAのアレックス・ラミレス新監督が1位指名した駒大・今永昇太選手にあいさつに訪れました。

ラミレス監督はカメラマンにとても優しい人で、この日も私を見つけると何度も視線を合わせ、「写真はこんな感じでいい?」と目配せしてくれました。

ヤクルト時代から数えるともう何回リクエストしたであろう「ゲッツ」や「アイーン」も、私のつたない英語でも何の問題もなく伝わります。中畑清前監督はカメラパフォーマンスの天才でした。ラミレス監督も負けずに紙面に登場していただけたらと期待しています。今永昇太選手も喜んでこちらのリクエストに応えてくれます。

実は私はラミレス監督の足元に注目していました。前日のドラフト会議、知り合いの野球ライターさんが「ラミレス監督のソックスに注目」とツイートしており、監督が「靴を脱ぐ時」を楽しみにしていました。

監督のソックスが「幸せを呼ぶソックス」になるといいですね。