sB96P8395モデルとプロボクサーの二刀流をこなす高野人母美選手が、世界王者ダニエラ・ベルムデスに挑戦しました。しかし、4回、ダウンでのカウント中、セコンドからタオルが投入されKOで敗れました。

試合後に会見が行われ、高野選手の目からこぼれる大粒の涙がストロボ光で浮かび上がりました。