osakahukei

1月30日、埼玉県熊谷ラグビー場でトップリーグの入れ替え戦が行われました。

トップリーグ16チーム中13位のリコーと対戦したのは、公務員チーム初の昇格をめざす大阪府警です。

メンバーはすべて「第1機動隊の第4中隊第1小隊(通称ラグビー小隊)」に所属。 字面だけでも屈強そうですが、移動には隊員を運ぶ「小隊バス」を使うこともあり、インパクトは非常に大です(残念ながらこの日はなにわナンバーのマイクロバスでした)。

歴史も古く、53年に創部し、関西社会人リーグ優勝を2度(82年、83年)経験しており、現チームも08年に花園を制した大阪・啓光学園の三瀬兄弟を中心に強豪校出身者ぞろい。

写真はラグビーW杯に出場した日本代表のマイケル・ブロードハースト選手相手にタックルするフッカー北島健次選手です。

選手たちはPRポスターに記された標語、「犯人検挙へ執念のトライ 犯罪抑止へ鉄壁のタックル」 そのままに奮闘しましたが、残念ながら結果は0-76の完敗でした。

練習環境に恵まれない中、大きな外国人選手相手にもひるまず、ひたむきにプレーする姿は観客を魅了し、間違いなく大阪府警のイメージアップに非常に貢献していると思いました!!  と、きれいに締めたいところでしたが、 この試合の2日後、約5000事件の証拠品1万点が放置されるという府警のずさんな捜査がニュースになってしまいました…。残念です。

【狩俣裕三】