今季日本からスーパーラグビーに参戦するサンウルブズが2月27日、南アフリカのライオンズと初戦を行った。13-26で敗れはしたが、後半に堀江翔太選手がチーム初トライを奪うなど、歴史的な第一歩を記した。
torai.jpgweb 右下 でボールを押さえているのが堀江選手です。満員のお客さんも「その時」を固唾(かたず)をのんだ感じで見つめています。この日は当欄「ビッグショット」でおなじみの中島先輩と2人で撮影。トライがバックスタンド寄りにいた中島先輩の近くで決まりそうだったので、私は絵を変えようと400mmから70-200mmズームに持ち替え、お客さんを入れたゆるめの写真を狙いました。torai3.jpgweb1枚目の写真を堀江選手を中心にトリミングしても、これだけ鮮明です。後でデータを見たら180mmぐらいで撮影していました。キヤノンさんのEOS-1DX 恐るべしです。
horierennzu.jpgwebちなみに本当はトライの判定の後、万歳しているお客さんバックの写真を考えていたのですが、まさかの結果に…。この日は客席だけではなくカメラマンエリアも満席状態、左右キツキツの状況で撮影を強いられました。隣のカメラマンさんはトライで満足されてしまったようで、すぐにカメラから目を離し方向が変わった望遠レンズが思い切り私の視界にかぶってきてしまいました( 右下 )。ずっとニヤニヤしながら撮影されていたので、ちょっと気にはなっていたのですが…。まあ、なかなか思い通りにはいかないものです。