ume先週末、娘(5歳)と一緒にお花見へ行ってきました。日刊スポーツに折り込まれていた「大倉山観梅会」の見開き紙面を見て、娘がどうしても行きたいと言うのです。

散歩がてら向かいましたが、晴天に恵まれたこともあって人出のすごいこと! 頭上に咲いている花を見ながら遊歩道を行き交うので、あちらこちらで来場者の渋滞発生です。みこしを筆頭に祭り好きの娘は、そうした人込みもイベントのひとつとして楽しんでました。

花を楽しむ時間よりも、クジやら綿あめなど出店に付き合った時間の方が長かった1日ですが、子どもの笑顔にリフレッシュできた週末でした。

【山崎安昭】