Sozai40

サッカーはボールを激しく奪い合い、スパイクで足を削り合うなど、その厳しい接触プレーの多さから「格闘技」と表現されることもありますが…。

3月24日、2018年W杯ロシア大会アジア2次予選のアフガニスタン戦の後半。途中出場のFWハーフナー・マイク選手がゴール前で相手DFと激しくポジション争いをしていると、相手選手が長身FWの背後から飛び付きながらチョークスリーパーを! 首にがっちり巻き付いた右腕と目を閉じて顔面蒼白(そうはく)のハーフナー選手。「ヤバい、落ちる!?」「ここは埼玉スーパーアリーナの総合格闘技イベント!?」とカメラ越しに見ていたこちらまで一瞬動揺してしまったほどだった。

【松本俊】