9中日荒木雅博選手は、私と同じ38歳。守備範囲の広いセカンドで先発出場をしています。豪快な本塁打や威圧感タップリの投球でファンを喜ばせる選手が多い中、玄人好みの守備で観客をひきつけます。遊撃手と呼吸を合わせたグラブトスや、守備位置をあらかじめずらして安打性の打球を涼しい顔で処理します。これまでの経験を生かすためにも、トレーニングに汗を流し体が動くように努力している姿が目に浮かびます。

【山崎安昭】