barefauru].jpgwebヤクルトのバレンティン選手の写真ですが、中央のぼやけた白い丸い物体? は何だかおわかりでしょうか。心霊写真でも超常現象でもありません。ボールです。

barefauru1.jpgwebこれは数コマ前の写真で、右足付近にボールがあります。そしてそのボールが一瞬のうちに一塁カメラマン席に向かってきたものです。400㎜のレンズで撮影していたのですが、あの小さなボールがこれだけの大きさになるのですから、目前まで迫っていたことになります。カメラマンはみんな「うわぁーっ」と言いながら体をすくめました。ど正面の私にいたっては、「終わった」と思った瞬間です。でも幸い、フェンスに当たり難を逃れました。

投手の変化球の多様さ、打者のカット技術の向上なども重なってか、ここ数年カメラマン席でヒヤッとする機会が激増している印象があります。最近ではヘルメットをかぶって撮影するカメラマンも増えています。私も今までは格好を気にしてヘルメットを避けてきましたが、そうも言っていられない状況になってきているのかもしれません。