さけこんばんは。大阪出張中です。

大阪に来ると、阪神の勝敗を気にしつつカープの状態にやたらめったら詳しいマスターのお店にお邪魔しています。お店の名前は「MORITABAR」。相当あいまいな注文にも、プロ意識高く応えてもらっております。

お客様も普段の仕事では接しない方々が多く、話を聞くだけでお金を払って勉強したい人が多いのが、足を運ぶ大きな理由です。お酒はあくまでツール。マスターや奥様、たまたまカウンターで出会った「先輩」たちの経験談は、自分の引き出しを増やしてくれています。たぶん…。

【山崎安昭】