6月1日。巨人内海哲也投手が今季初勝利を収めました。今季、自身3試合目でようやくの勝利。このときの様子は弊社巨人担当の久保記者の記事をご覧下さい。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/1656746.html

この勝利の裏にもうひとつのエピソードがありました。

5月29日。この日の巨人対阪神戦は「内海哲也ランドセル基金」をサポートする(株)クラレが児童養護施設の児童を招待して開催したスポンサーデー(クラリーノ ランドセルデー)でした。


「内海哲也ランドセル基金」…内海投手は2009年から奪三振数に応じて、2013年からは投球回数に応じて児童養護施設にランドセルを寄贈しています。これまでに1087個のランドセルが贈られています。


 

この日、子どもたちが選手と一緒に初回の守備に就くオンユアマークイベントがありました。捕手の位置に就いたのは2009年の基金スタート時に新1年生として最初にランドセルを受け取った佐々木飛鳥くん(現在、中学2年生)でした。

控室で再会を果たした内海投手は「大きくなったな~」と驚いていました。

内海哲也

今季、なかなか調子が上がらない中でしたが、佐々木くんの笑顔に力をもらっての今季初勝利だったように思います。以前「子どもの最高の笑顔が僕の野球に向かう大きな力となっている」と語った内海投手。これからもたくさんのランドセルが贈れるよう、期待しています。

【河野匠】