小林6月25日、Jリーグ第1ステージで逆転優勝を狙った川崎Fのホーム試合に行ってきました。大宮に2―0で勝利しましたが、首位鹿島も勝ったため優勝は逃しました。サッカーを見ていて個人的に好きなのは「リアクションのデカさ」です。得点者の喜びや、その選手を祝福しに集まるチームメート込みのにぎやか写真もいいです。が、その上を行く(と勝手に思っている)のは「得点機を外して悔しがる場面」。うつ伏せになり微動だにしない選手もいれば、ピッチをたたきまくるプレーヤーも。小林悠選手のように体全体で気持ちを吐き出します。悔しさと同時に、リベンジ心も感じられるのが、人間らしくて惹きつけられます。得点時と違い、外したときはほぼチームメートが集まりません。気持ちの切り替え方はいろいろですが、失敗したときにしょげてばかりはいられない―。自らに重ね合わせ、撮りながら「次こそ、次こそ」と念じて私もシャッターを押しています。【山崎安昭】