okoemegusuri.jpgweb7月3日の楽天対西武戦は、試合前から雨が降っていました。楽天の選手たちが室内で練習する中、オコエ瑠偉選手だけは米村理外野守備走塁コーチに連れられ球場に出てきました。降りしきる雨の中、マンツーマンでキャッチボール、外野ノックと行われ、最後はベンチで目薬を注入されました。これは決して罰ゲームなどではありません。米村コーチはオリックス時代、イチロー選手や田口壮さんにも行ったそうです。雨中のプレーは想像以上に厄介だそうで、試合中に目が染みてプレーに支障をきたさないように、あらかじめ目薬などを差して目を慣らさせておくことが必要だということです。「昔は目薬なんかじゃなく、直接水を入れたんやー」(米村コーチ)。okoemegusuri2.jpgwebとはいえ強烈に目に染みるようで、オコエ選手は何度も絶叫していました。okoemegusuri3.jpgwebイチロー選手、田口さんといったメジャーリーグでも活躍した(している)大先輩たちも経験した儀式?で戦闘態勢にモードが切り替わったオコエ選手、最後は織田裕二さんばりに「キター!」と決めてくれました。okoebousi.jpgwebちなみにオコエ選手、最近帽子やヘルメットの下に通称スカルキャップというものを被っていますが、今回は少々雰囲気の違う帽子を着用していました。そうです、水泳帽です。よーく見ると「1ねん2くみ」と書かれています。

okoebousi2.jpgwebそしてこちらには「おこえ」と。実はこれ、阿部俊人選手が仕込んだもので、試合前の円陣で大ウケしていました。阿部選手のセンスもお見事です。もはやオコエ選手、雨中のプレーは万全ですね(野上伸悟のとっておきショット)