飛鳥

リオデジャネイロ五輪壮行会で、陸上男子短距離代表ケンブリッジ飛鳥選手が人気デュオゆず北川悠仁氏に手を引かれて苦笑を浮かべていた。「夏色」をみんなで歌おうと、ほかの選手たちと一緒に壇上へと上がったスピードスター。初代表ということもあってか控えめに端っこにいたが、面識のない北川氏から「この人見たことある~」という理由だけで、強引に手を引かれてステージ中央へと引っ張り出された。数多く選手もいたことから会話のやりとりが続くこともなく、しばらく放置されたケンブリッジ選手はひっそり元の場所へと帰っていき、陸上代表の桐生祥秀選手らと夏色を楽しんでいた。  【松本俊】