1

久しぶり、というか何年かぶりに東京ドームのセンターポジションで撮影しました。テレビ中継カメラの隣の位置です。

センターポジションは全投球を撮影します。ちょっと職人な仕事です。やはり1年に1回とかの撮影では「昔取った杵柄」というわけには行きませんでなかなか要領を得ませんでした。

そんな中、ちょっと気になるプレーがありましたので掲載します。

「巨人対中日 1回表中日1死一塁満塁、中日平田良介の2点適時打で生還する中日森野将彦。捕手巨人小林誠司」

小林捕手の動きから一瞬「ホースプレーなのか?」と思ってしまいました。実際はタッチプレー。しかも「100パーセント間に合わない」というタイミングではなかったです。

記事を書いている時点で広島のマジックは7。

セ・リーグの火を消すには早すぎます。今シーズンはコリジョンルールのこともあり本塁クロスプレーは良くも悪くも注目されています。

野球の醍醐味(だいごみ)は「ギリギリの攻防」だと思うんです。

(カープファンのみなさんからは、これでいいんだ、という声が聞こえてきそうですが・・・)