リオ五輪では各選手がいろいろな思いを胸に大会へ臨み、試合後にはこれまで支えてくれた人たちや苦しい練習に耐えてきたことなどが頭をよぎって涙する場面がいくつもあった。五輪4連覇を目指しながら決勝で敗れたレスリング女子の吉田沙保里選手は表彰式でも涙が止まらず。逆に初の金メダルを獲得した登坂絵莉、川井梨紗子両選手は表彰台でうれし涙がほおを伝った。卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手も「泣き虫愛ちゃん」に戻った。吉田沙保里

登坂絵莉

川井梨紗子

福原愛

10月7日には東京・銀座でオリンピック・パラリンピックのメダリストたちによるパレードが行われる。沿道を埋め尽くすであろう大勢の人たちからのたくさんの声援と拍手で、試合直後とは対照的な晴れやかな笑顔がいっぱい見られることだろう。【松本俊】