Jリーグ・ルヴァン杯決勝前日練習で、壁を前にフリーキックを蹴る浦和MF柏木陽介選手です。
蹴ったボールですが、ひざの高さまで足先から離れることなく、くっついて見えます。その後の軌道を見ると、相当なカーブがかかっていました。

A71I2538
私事ですが、小中高と部活でサッカーをしていましたが、カーブを蹴ろうとしても、ちゃんと曲がって蹴れたことは結局1度もありませんでした。この画像を見て、カーブに対する憧れを思い出しましたが、蹴るのはまあ無理だったなとはっきり分かりました。
日本代表でレギュラーを獲得しつつある柏木選手ですが、まだ無得点です。W杯アジア最終予選の厳しい戦いで、チャンスメークだけでなく、フリーキックで直接ゴールを決めてほしいです。【狩俣裕三】