14日、ルヴァン杯決勝前日の公式練習の合間、練習場に隣接するバスケットコートで遊んでいた学生からボールを借り、浦和ペトロビッチ監督がフリースローで1発でゴールを決めました。

Sozai49 Sozai50 Sozai51

これが翌日のG大阪との決勝で運を引き寄せたかどうかは分かりませんが、結果は後半に追い付き、最後はPK戦で優勝しました。

ゴールを決めたことよりも驚いたのは、普段両手でつえを突いて、ゆっくりゆっくり歩くペトロビッチ監督が、ボールを手にするや意外と俊敏な動きを見せたことです。【狩俣裕三】