1130s

「コボスタで、ヤンキースの田中が練習するらしいから行ってくれ」

デスクの指令で仙台に到着した私を待っていたのは、残念なお知らせでした。

「田中選手、今日は練習しないそうですよ」

ガーーーン。
やばいなぁ。手ぶらじゃ帰れないし。
「空出張だったみたいですね(^^)」後輩カメラマンたちの顔がよぎりました。

くっそーっ。
そんな私に広報から助け舟が・・・。

「田中選手がリニューアルしたコボスタ宮城を見学することになりました」
コボスタと言えば、観覧車とメリーゴーランドです。
すぐに私の頭の中にアイデアが浮かんできました。しかし、問題はそれに田中選手が乗ってくれるかどうかです。この企画、ご本人にメリーゴーランドまで移動してもらえるかが撮影成功の鍵です。

私は自信たっぷりに声を掛けました。

「田中選手!キタサンブラックご用意したので乗って下さい!!」

もう完全にゴリ押しです。取りあえず畳み掛けました。

「これが最後のお願いですので!!」

田中選手が大の競馬好きであることは有名です。私はキタサンブラックに反応しないはずはないと踏んで勝負をかけました。他社のカメラマンも同調して田中選手の背中を押してくれます。

「(おおっ!乗ってくれるぞ)」と心の叫び。

すると田中選手からどんでもないダメ出しが飛び出しました!!

「これキタサンじゃねえしっ!!」

なんと田中選手のまたがった木馬は青色の鞍を付けていたのです。

そうキタサンブラックの枠色(馬の入る枠の色)は青色ではないのです。

本音を書くと、私にはもうすでに田中選手が何を言っているのか分かりませんでした。
恐らくこの記事をお読みの読者のみなさんも、競馬好きの方以外は分からない内容だと思います。

でもいいんです。全米を代表するヤンキースの大投手が木馬にまたがってくれたのです。

大成功!!
私は「いい仕事したんじゃない?」との思いを胸に仙台駅で写真部へのお土産を買って新幹線に乗り込みました。

田中選手ありがとうございました。

追伸、
しっかり両手でポールを握る田中選手!!最高です。

一部記事を書き直しました。ご了承ください。