2月3日は節分です。プロ野球の各キャンプ地では、恒例の節分イベント(というか、マスコミが絵作りを考えて球団にお願いするパターンが大半ですが)が行われました。楽天の久米島には救世主が現れてくれました。小島よしおさんです! 久米島出身で久米島観光大使も務める小島さん。母の智恵さんは久米島で「オオ・ハッピー」というカフェレストランを営んでいるそうです。
3kojima.jpgweb 仙台の東北放送の番組収録で球場を訪れた流れで、鬼役を快く引き受けてくださいました。はっきり言ってこれは完全にノーギャラです。しかも私の「赤鬼のお面を股間につけてくれませんか」という無茶なお願いも快諾してくれました。則本昂大投手もノリノリで豪腕を披露してくれました。3kaenori.jpgwebWBCの代表にも選ばれた則本投手は、福は内ならぬ「世界一」と書いた巨大ボールも投げ込んで鬼退治してくれました。3kojima2.jpgweb最後はお二人で沖縄らしくタコス巻きを恵方巻き代わりにして、ガブッとやってくれました。3kojima3.jpgweb2人の写真を撮りにやってきた森山良二投手コーチ(左)に対し、則本投手は「この人が本物の鬼です!」と日頃の厳しい指導ぶりを訴えていました。

3kojimahaha2.jpgwebちなみにこれは9年前のキャンプで小島さんの母智恵さんを私が発見し、当時ドラフト1位で入団した長谷部康平さんのタオルを持ってもらって撮影したもの。3kojimahaha.jpgweb親戚の方が営んでいた食堂では、こんなオリジナル泡盛も売られていました。懐かしいです。今キャンプ中にお母様が経営するレストランにもお伺いしてみようと思っています。

またこの日は朝にもう一つイベントがありました。球場近くの清水小学校の「あいさつ運動」に梨田昌孝監督、藤平尚真、池田隆英、田中和基、菅原秀、森原康平、高梨雄平の新人選手が参加し、登校してくる児童たちをハイタッチで迎えました。3simizu.jpgweb子供たちも大喜びでした。3オコエ.jpgwebさて、残念なニュースも。オコエ瑠偉選手の右手薬指剝離骨折が判明し、2軍でリハビリすることになりました。久米島野球場前の道路沿いには1軍の全選手、スタッフののぼりが掲げられていましたが、無情にも外されてしまいました。

それではそろそろ練習に。則本投手はWBC仕様のマウンドで投げ込み。3norinage.jpgweb通常は顔にピントをもってくるのですが。3norinagee.jpgwebWBC公式球にピントを合わせてみました。マークが見えますか?3norimotoball.jpgweb3matuinage.jpgweb松井裕樹投手のスプリットを恒例のシャッタースピード8000分の1秒で撮ってみました。3matui.jpgwebフィジカルトレーニングの基本は今も昔もタイヤ引きですね。松井投手は余裕の表情です。
3fuji.jpgweb藤平尚真投手も頑張ります。3ha-mann.jpgwebハーバード大出身フランク・ハーマン投手も初めてブルペンで投球を披露しました。3okoe.jpgweb夜7時からは、宿舎近くでNPB講習会が開かれ、右手の検査を終えたオコエ選手も東京から戻り参加しました。会場の入口ではいつにもなく神妙な表情で先輩たちにあいさつしていました。早く回復していつもの明るさを取り戻してくれることを期待しています(野上伸悟のとっておきショット)