侍ジャパン小久保裕紀監督が楽天キャンプの視察に訪れました。まずは梨田昌孝監督にあいさつです。お目当てはもちろんWBCメンバーの則本昂大投手、松井裕樹投手、嶋基宏捕手の3人です。

ウオーミングアップ後にあいさつに行った則本選手、握手の瞬間は他の選手がかぶって見えませんでした。残念。

松井裕選手、嶋選手は何とか見えました。

則本選手と小久保監督の絡みを撮るため、投内連係練習の時に、外野の右中間までダッシュし、400㎜に1.4倍のテレコンバーターをつけて、何とか撮影しました。

練習場所を移動する際に両投手はいい表情を見せてくれました。

あまり必然性はないのですが、フェンスのドアの間からこんな感じの絵も撮ってみました。だからどうしたですが…。

ロングティーを行う松井稼頭央選手も。梨田監督、こんにゃく打法伝授ではないのでしょうが、熱心に指導しています。

ブルペンでは藤平尚真投手がタオルを手にシャドーピッチング。スローシャッターで撮影しました。

与田剛コーチの指導も熱を帯びます。このマウンドはWBC仕様に特設された硬いものなので、土の色が違います。いつか藤平投手も則本、松井裕投手のようにこの専用レーンで投球練習する日も来るのでしょうか。藤平投手は久米島キャンプ終了後は1軍に帯同せず、久米島に残り2軍キャンプで鍛えることになりました。成長が楽しみです(野上伸悟のとっておきショット)