楽天が練習する金武(きん)は、タコライス発祥の地として有名です。金武町ベースボールスタジアムの前には屋台も出店していて、この日のランチタイムには選手もやってきました。
青空にカラフルな車体が映えます。

岸孝之投手お買い上げです。美馬学、菊池保則投手もゲットに成功しました。時間帯によっては並ぶことも覚悟してください。  ブルペンではちょっと不思議な写真が。グローブだけに太陽が差しています。
だんだん見えてきました。

岸投手です。

前日の写真同様、岸投手は絵になります。こういう写真好きなんですが、社内で理解してくれる人がいなくて、紙面にはなかなか掲載されません…。時間は戻りますが、練習開始前の円陣では2月14日バレンタインデーが23回目の誕生日の茂木栄五郎選手があいさつしました。ハンファとの練習試合では先頭打者として1回裏の打席に立つと、ファンからの「ハッピーバースデー」の合唱が終わるやいなや、初球を二塁打しました。1回表に4点を先行された楽天ですが、その裏に中川大志選手が逆転満塁本塁打を放ちました。

あっちこっち飛びますが、観戦に訪れた宮本慎也氏(右)に楽天星野仙一副会長が「ようこそ」と深々と頭を下げてあいさつです。

これには宮本さんも苦笑いです。

右の方は誰かわかりますか? 元日本ハムの中島輝士さんで、現在ハンファで打撃コーチをしています。

ちなみに前西武監督の田辺徳雄さん(後方右)もコーチです。

ドラフト3位の田中和基選手が2打席目で投手強襲の初ヒットを放ちました。

続く打席でも左前打。

二盗も2回成功させました。注目してみてください。

試合中のブルペンに珍しいツーショットが実現しました。侍ジャパン則本昂大投手と松井裕樹投手です。普段はいつもからんでいますがブルペンでとなるとなかなかありません。久米島キャンプのブルペンではWBC仕様のマウンドが1つだけ特設されていたため、そこを使用する2人が同時にブルペン入りすることはなかったのです。この日則本投手が2番手、松井裕投手が3番手で登板予定だったのでこうなりました。

則本投手、上空の米軍機が気になります。

今度は松井裕投手も

シンクロは起きませんでした。

試合中にようやくシンクロしました。

初の対外試合ということで、打者が写るようにセンターからも撮影しました。

松井裕投手はハンファベンチをからめてみました。両投手とも1イニング限定でしたので、バリエーションのある絵を撮るために、2イニングの間に走りながら球場を2周してしまいました。400ミリのでかいレンズにカメラ3台を携えてなので、48歳さすがに疲れました。

しつこいようですが松井裕投手WBC公式球を握っています。

星野副会長は満足げな表情で球場を後にしました(野上伸悟のとっておきショット)