テスト生から楽天への入団が決まった久保裕也投手に、真新しい91番のユニフォームが届きました。似合っていますね。36歳は松井稼頭央選手の41歳、細川亨選手の37歳に次いで3番目で、投手陣では最年長になります。91番も選手の中で一番でっかい番号です。選んだ理由を尋ねると「特に…。選べる番号の中からなんとなく」と。番号にふさわしく、若手の多いチームにとって、精神的な部分でも大きな存在になってくれるのではないでしょうか。

テスト期間中もサインを頼まれていましたが、その際「球団はDeNAと巨人どっちがいいですか?」と自らファンに聞いて、希望する方の球団名と背番号を記入していました。いい人ですね。

この日からようやく「楽天イーグルス 久保裕也 91」と書いていました。

一方のチーム最年長松井稼頭央選手は、若手と積極的にコミュニケーションをとって、チームの雰囲気を明るくしています。島内宏明選手(左)の攻撃に最高のリアクションです。

新人田中和基選手の尻をたたくことも先輩として忘れません。

下半身の張りを訴え別メニュー調整中の嶋基宏選手を、ハイビスカスの横断幕とからめてみました。開花宣言間近でしょうか、この日はブルペンに入り、投手の投球を受けました。

ブルペンの隙間から真正面で撮ってみました。
30分の1秒のスローシャッターで撮るとボールがビョーンと伸びます。
頭と体がブレていないのはさすがです。

安楽智大、松井裕樹投手によるドラ1同士でのタイヤ引き競走。松井投手に軍配が上がりました。

30メートル走の測定で、今江年晶選手は笑いながらの全力疾走。竹中直人さんの「笑いながら怒る人」を思い出しました。

銀次選手も懸命にフィニッシュ。若手からベテランまでみんな頑張っています(野上伸悟のとっておきショット)