刺激が強めの写真です。閲覧ご注意下さい。なおトラブルシーンではありません。

 

秩父宮ラグビー場でサンウルブズ対ハリケーンズの取材でした。

オープニングゲームのため、グラウンドに入場する選手に合わせ火炎を噴射させる演出が行われました。この写真は、その演出時、サンウルブズのエドワード・カーク選手と火炎が偶然重なって見えたシーンです。

(実際、炎は選手から離れています。)

望遠レンズの圧縮効果です。

前年王者の「ハリケーンズ」はとても強かったです。サンウルブズにとっては大きな壁のような存在、まさにハリケーンの様でした。横綱の胸を借りる試合となりました。

がんばれサンウルブズ!!