2月21日、日本ハム対楽天の練習試合でWBCに出場する侍ジャパン7選手に花束が贈られるセレモニーがありました。左から松井裕樹、則本昂大、嶋基宏、大野奨太、増井浩俊、宮西尚生、中田翔の各選手です。

楽天組も笑顔です。

捕手同士の嶋選手(左)と大野選手は、あいさつをして互いのベンチに戻ります。

その別れ際、嶋選手はグラウンドに落ちている何かを見つけました。

そして拾います。

拡大して見たら花の葉だったみたいです。そしてさりげなくポケットに入れていました。大げさに聞こえるかもしれませんが、この視野の広さと冷静な観察眼はさすが侍正捕手候補だと思いました。

その嶋選手にはWBC出場辞退が決まった大谷翔平投手も申し訳なさそうな表情であいさつに行きました。

中田選手(左)と爆笑で盛り上がる則本投手です。

ブルペンではWBC公式球を手に真剣な表情で握りを確認します。

メキシコ代表の楽天アマダー選手(左)と日本ハムメンドーサ投手も順調のようです。

アマダー選手は本塁打を放ち「しぇー」的な不思議なポーズ同じくメキシコ代表のレアード選手も本塁打を放ち恒例の「すしポーズ」を披露してくれました

不発に終わった中田選手は、2打席連続本塁打の西川遥輝選手から運を分けてもらおうと思ったのか、ハイタッチの代わりにバットを差し出していました。

最後は斎藤佑樹投手この日は少々炎上してしまい、目を閉じて天を仰ぎましたが…。
肩の故障から懸命に復活を目指しています。頑張ってください(野上伸悟のとっておきショット)