沖縄はまだ寒いとはいえ、本州と比べたらもちろん暖かいです。巨人のキャンプ地セルラースタジアムがある那覇の奥武山公園でもカンヒザクラが咲き頃を迎えていました。
この日夕方に宮崎でのWBC合宿に合流するため早めに練習を切り上げた楽天の侍コンビ則本昂大、松井裕樹の両投手が、談笑しながら引き揚げてきます。

WBCでも跳びはねてくれるでしょうか?

嶋基宏選手(中央)とともに侍トリオで会見。嶋選手に耳をくすぐられて笑顔の松井選手です。試合序盤だけ観戦していた則本選手は、ファウルボールを追いベンチ前に来た元楽天の巨人ケーシー・マギー選手に笑顔で手を振ります。元巨人の久保裕也投手(中央)と小山雄輝(右)は、ブルペンを訪ね巨人尾花高夫コーチにあいさつ。
久保投手は同級生の巨人杉内俊哉投手と投球の話でもしているのでしょうか。ともに股関節の手術を経験しているだけに、情報交換していたのかもしれません。

試合前の巨人高橋由伸監督、ジャビット、岡本和真選手とリラックスムードです。 試合にはWBC組の巨人菅野智之投手が先発。WBC仕様の硬いマウンドに初球左足を滑らせバランスを崩してしまいました。踏み込みが強烈ゆえなのでしょうが、ちょっと心配になりました。ソフトバンクから移籍してきた森福允彦投手の球離れです。

9回裏は巨人から楽天に移籍してきた小山雄輝投手が、高橋由伸監督(右から2人目)らが見つめる中、力投を見せます。因縁のある対戦などの場合、こうやってベンチと絡める撮り方をよくします。小山投手の交代が告げられた瞬間、一塁のカメラマン席からレフトのポール際まであわててダッシュしました。今回はまだ練習試合ですが、よくある「放出した投手に抑えられ赤っ恥」などといった感じで使えるかもしれない写真かと思います(もちろん逆のケースもありますが…)