楽天銀次選手が2月26日の西武戦で二塁を守りました。今となっては一塁や三塁のイメージが強く意外な感じがしますが、2012年シーズンなどは二塁をメインに出場していました。公式戦では2013年8月に守ったのが最後のようです。トスも手慣れたもんです。練習では華麗なスローイングも。

ハンファとの試合でも無難にこなしていました。元々楽天入団時は捕手で外野経験もあります。いつの日か全ポジション制覇となりますでしょうか。それにしても楽天には複数のポジションをこなす「ポリバレント」が本当に多くいます。松井稼頭央選手にウィーラー選手、枡田慎太郎選手、中川大志選手などは普通に内外野をこなします。岡島豪郎選手も元々は捕手で今は外野手、伊志嶺忠選手も本業は捕手ですが外野も守ります。こんなチームなかなかないですよね。