オリックスとの開幕戦を前に、敵地京セラドームで調整する楽天美馬学投手です。当初開幕投手に予定されていた岸孝之投手がインフルエンザに感染してしまい、急遽美馬投手が代役指名されました。楽天ではすでに復帰しているアマダー選手を皮切りに足立捕手、岸投手、古久保コーチなど感染者が続いています。そんな緊急事態のチーム状況で出陣する美馬投手の後方に「災」の文字が…。「災い転じて福となるか」という写真説明をつけて出稿してみました。
1パターンもなんなんで、次は別バージョンも。「美」馬がチームの「災い」を「防ぐ」という意味で「美防災」の3文字を絡めてみました。

ストレートに美馬と「美」を。

ちなみにこの広告は「能美防災」さんのものです。ご協力誠にありがとうございました。本来、「いい写真」というものは説明などなくても、有無を言わさず見たまんまストレートに訴える力があるものと思います。でもなかなかそんな写真は撮れません。こじつけに思えるかもしれませんが、こんな感じで何かをからめたりして、意味をもたせようとすることがあります。

これは巨人マイコラス投手と生命保険会社さんの「生命」だけを切り取ったものです。先日、ローレン夫人が第1子となる長女を出産され、マイコラス投手も米国に帰国していて、この日の練習からチームに合流しました。新しい生命の誕生と新米パパをからめてみました。

文字ではないのですが、練習中に流れる曲に合わせてノリノリでエアギターするしぐさが「ゆりかごポーズ」っぽかったので、そんな説明をつけました。

これは目のトレーニングなんですが、笑顔で「長女誕生、イェーイ!」って感じに。まあ、そんな感じでくだらないとお思いかもしれませんが、色々考えて撮影しております(野上伸悟のとっておきショット)