交流戦が始まりました。私は楽天対巨人の取材に来ています。普段、対戦がないだけに、試合前の「交流」もおのずとも多くなります。これは桐蔭学園高の先輩、巨人高橋由伸監督に楽天の茂木栄五郎選手があいさつしているところです。今や楽天のリードオフマンとして大活躍している後輩に、チームは違っても先輩はうれしそうです。第1戦で巨人はしっかり茂木選手にやられてしまいました。楽天則本昂大投手(左)は、元同僚の巨人ケーシー・マギー選手と旧交を深めます。

第3戦で7試合連続二桁奪三振の日本記録に挑むことになる則本投手を前にマギー選手は神頼みポーズでしょうか。初戦に先発した巨人菅野智之投手は、8失点を喫しました。これはゼラス・ウィーラー選手に先制弾を浴びた瞬間です。菅野投手が大量失点することはめったにないので、5回裏はネット裏からスコアボードを絡めて撮影することにしました。そこで伏兵藤田一也選手の本塁打が飛び出しました。普通は本塁打などの場合は打った選手がニュースになりますが、菅野投手クラスになると、打たれた側が話題となってしまいます。スコアボードとセットで、いかにやられたかが伝わるのではないでしょうか。藤田選手と観覧車をからめてみました。この2枚の写真は、紙面では相当大きく使わないと映えません。残念ながらそんな紙面スペースはなく、案の定ボツでした…。