この日のヒーローは広島西川龍馬選手だった。

通常カメラマンは、選手の後方でインタビューが終わるのを待つことが多い。それはスタンドに向いて帽子を振る様子を撮るため。

私は何かに吸い寄せられるように西川選手の正面にいた。理由はよく分からない。普通に撮影を済ませて本社への写真を送信した。

そしていつものようにツイッターでファンの人たちの意見を読ませて頂いていた。すると・・・・

「誠也といっしょに戦っていたのか」というツイートがあった。

西川選手の首から下げられた認識票には「51」が記されていた。グッときた。