8回表、リリーフカーで出てきたロッテ関谷投手。自軍が映像検証を要求したため、一塁付近から降車せずにそのままブルペンに戻りました。「せっかく出てきたのにかわいそう」

苦笑いな雰囲気がグラウンドを包みました。

肝心な二塁の判定は変わらず、試合は続行されました。ちなみに該当するプレーはアウトに見えました。

一旦ブルペンに戻った関谷選手、今度は小走りでマウンドに向かいました。これはリズムが狂っちゃいますよね。