7回途中で降板しマウンドを託した南にあいさつするマイク・ボルシンガー。ただその瞬間なのだがかっこいい。