この時点でロッテ藤岡裕大選手の左手はまだ浮いているように見える。オリックス若月健矢捕手のミットはすでにタッチ。

写真左後方に写る人影がオリックス福良淳一監督。

福良監督からはまったくのブラインドになっている。しかし長年の勝負勘なのだろうか。リプレー検証をリクエストしセーフの判定を覆した。場面は4回だった。試合の流れは一気にオリックスへ傾いたように感じた。

「福良の目」それは「心の目」

さすがだ。