投球数が100球を過ぎても時速150キロオーバーでした。

西武菊池雄星選手、星をつかんで下さい。

努力の証し。