昨季、公式戦出場停止処分を受けていた日大アメフト部が、処分解除後の今季初戦を行いました。

そこで見たものは・・・、みんなアメフトが大好きなんだという気持ちです。子どもたちが大人の事情に巻き込まれ、犠牲となる事象が多発した平成の終わり。子どもたちの青春は一度きりです。そして子どもたちを守るのは大人の役目。

宮川選手は終始笑顔でした。ケガなどの影響もありユニホームに袖を通さず裏方に徹した宮川選手。試合開始早々の自軍のタッチダウンに大興奮でした。試合後、親御さんが多いと思われるスタンドのお客様にきちんと胸を張る選手たち。心は「フェニックス」のホームページにある「RESTART」なんだと伝わりました。

挨拶(あいさつ)を撮り終えカメラを片付ける私の背中に声がかかりました。「もうそっとしておいてあげて欲しい・・・」。

痛いほど分かります。でも子どもたちが安心してスポーツできる環境のために・・・、そうご理解いただけたらと思います。

私は、自分の個人的な理由からへこんでいましたが、気持ちを真っ新にして撮影に臨みました。そこで見つけたひとつの答えは「RESTART」でした。私もがんばろうと思います。学生たちに元気を頂きました。