先発で登板し力投するロッテ二木康太。投げ終わった二木の右手はここまで絡みつく。